忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空の境界 第5章 矛盾螺旋


ジャッジャーン!!「空の境界、矛盾螺旋」見てきましたー(感涙)

コミケアフターレポとか、そのあとに行った、翼竜展とかについてはまだ記事がまとまってないですー(明日中にはあげたいですorz)

とりあえず、今さっき見てきた映画の感動をば文章にしたためようと思います
本日一緒に行ってくれた仲間たちw
掲載許可はでてるけどいいのか(A君?I君?)不都合があったら言ってください(笑)

映画が始まってすぐ思ったことは、よくこの作品(空の境界矛盾螺旋)が映像化できたなーってことです
この矛盾螺旋って話は、ほかの章とちがって上下に分かれている(ほかの章はもちょっと少ない)大ボリュームで、私としては空の境界の中核をなすストーリーであるといえます
その大ボリュームを112分という短い時間内で収め切ることができるのか半信半疑でした
ところどころのカットや心理描写部分を映像でうまく表現することで、112分で納得いくものに仕上がっています(映画の最後の最後、原作第5章で式の心理描写のラストシーンとかが印象的でしたね♪)

5章は戦闘シーンがおおいのも見所だと思います
3章なんかではふじのんVS式の戦闘シーンが小説のイメージを超えて繰り広げられましたが
今回のはまたスゴイ!!
個人的に大好きな影絵の魔物(ネコちゃん)が見れたのには感動でしたねw
私のイメージしてたものよりずっとイイッ>▽<

臙条はいいとこどりでしたねー(今回の話のメインだし)でも、あんなにハーゲンダッツばっか食べてるとお腹壊すってw(ぱっとみ100~200個くらい食べ散らかしてた、いったい総額いくらだ!?)

コルネリウス・アルバ(一番気になってた人)やっぱ究極のかませでしたね。あのシーン(見せ場)がカットされてるってこと自体が間接的にかませの証明?想像してたよりも、ビジュアルが格好良すぎたので、それで相殺ってことでwアルバ大好き、アルバのために見に行ってといっても過言ではないです
あとで、格好イイアルバ描きたいなー

荒耶(もう一人のメイン)声優がずるい、もともとのイメージが譲治さんでしたからまったく違和感なし
式との魔法合戦とか早くてなにがなんだか(スゴスギマシタ)
静止する結界がちょっと微妙だったかな、仏舎利の設定があってよかったですw

コクトー君(一応主人公?なのか…)ふんだりけったりwまぁ、出番あんまないし
教習所の合宿のシーンが笑えるwエンストしたときの教習官の顔がシュール

とうこさんは戦闘シーンもっと欲しかったかなー。ロケットペンシルを知らないコクトーにびっくりしたときの顔がすごい形相w(館内でも、そのシーンで吹いてる人がちらほら)あと、駐禁ネタもあったのでオチもついたヨカッタヨカッタ

式は語ることないかなー、あーウソウソ
すっごいかわいかったです。ベッドで足ばたばたさせてるシーンとかいいねぇ

そのほか、けっこうグロいですねリアルというか
よくあそこまで再現したなぁって感じです。(満足満足)

あー・・・あと
鮮花さんですが、次が鮮花メインの章なので次回予告にいっぱいでてました
いや、もぅ最後の笑顔にゃやられましたよわたしゃ・・・反則だってw
鮮花よりもふじのん派の私としては複雑ですわー(次の章みたらその天秤が傾く可能性大)
もぅ、ほんと次回予告反則


矛盾螺旋大好きーな私としては、大満足でした(わーい)
てか、もっかい見に行きますよwアルバとかアルバとか鮮花とかwww
いっそ明日の朝一でシアトル(映画館)へ行っちゃいますかねぇ!?(またっ!?)

最初はA君との些細な世間話(C74ででた空の境界の小説について)からはじまった怒涛の一日でしたが
最高でした♪
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
朝月三日(もしくはmikka)
年齢:
31
HP:
性別:
男性
誕生日:
1986/10/03
職業:
一滴一滴を眺める仕事
趣味:
ライトノベル読むの
自己紹介:
相方の川島ラタと同人サークルの『あす★なろ』にて絶賛活動中!今年もSAOメインで頑張ってまいります!